東京オリンピック等に向けて日本でも禁煙の波が更に大きくなってきました。禁煙をしたいと思っている方はチャンピックスの使用がおすすめです。ひたすらに我慢するだけの禁煙方法とは違い、チャンピックスはニコチンの離脱症状を緩和しつつ禁煙が出来るので無理のない禁煙が出来ます。

皮膚に貼り付ける禁煙パッチ「ゼロニコチンパッチ」

禁煙バッチについて疑問に思う人形

禁煙パッチとはニコチンを含んだ貼り薬で、皮膚から毛細血管を通じてニコチンが吸収されます。
禁煙時の離脱症状を抑える効果が期待でき、手軽に利用できるのがメリットです。
但し飲み薬タイプとは異なり、タバコ自体を不味く感じさせる効果はありません。
あくまで離脱症状を抑える貼り薬なので、タバコを吸いたい欲求は自らコントロールする必要があります。
通常の禁煙パッチは1日1回貼るだけで、充分な効果が得られます。
パッチの大きさによって3種類ほどが用意されており、サイズが大きければその分ニコチンの量も多くなります。

禁煙パッチを使用するには、最初の期間は大きいサイズを貼ります。
禁煙早期は禁断症状が強くなるので、ニコチンの量も多くなります。
およそ4週目までは大を使い、5~6週目にかけては中サイズを使います。
それ以降は状態に応じて小サイズを使い、7~8週目まで続けます。

パッチを貼る場所は上腕又は腹部、そして腰骨のいずれかが適してます。
一度貼れば効果は24時間続くので、タイミングを見て貼り替えるのがポイントです。
基本的に使用期間は8週間が目安で、10週以上の使用は控えた方が良いと言われています。

代表的な禁煙パッチの多くは第一類医薬品になっており、市販もされています。
購入に際しては、禁煙外来における医師の処方が必要になることがあります。
また通販でも購入することが可能で、その場合は全て自己責任となります。
実際問題として使用法は簡単で、使用上の注意を守れば問題がないと言います。
自己判断で使用上の注意以外の使い方をすると、表記された効果が得られない場合もあります。
禁煙パッチの効果は貼ってから約2時間ほどで現れ、ニコチン不足から生じる離脱症状が緩和されます。

離脱症状はニコチン依存症の人に現れる症状で、イライラや不眠などの身体の不調が見られます。
禁煙を挫折するケースの殆どは離脱症状によるもので、これが抑えられれば禁煙に成功する確率が高くなります。

ゼロニコチンパッチの効果や効能、使用方法、副作用

ゼロニコチンパッチは天然のハーブを使った禁煙補助薬で、他の補助薬のようなニコチンは含まれていません。
それ故、本当の意味でニコチン中毒から脱却することができ、タバコからおさらばできると言えます。
含まれているハーブの種類は、ツボクサやホップをはじめ、タツナミソウやオーツ麦など身体に良いものばかりです。
しかもニコチンと同様の効果があり、離脱症状を緩和する作用を発揮します。

ハーブ自体には中毒性がなく、安全性においても全く問題ありません。
それ故、薬を使わない禁煙パッチとしては、最善のものだと言えます。
ゼロニコチンパッチを貼ってタバコの本数を減らせば、必ず禁煙に成功するわけです。

ゼロニコチンパッチの使用法としては、3日に1回皮膚に貼ります。
1枚で大丈夫なので、経済的にもお得です。
但し同じ箇所に貼り続けると、かぶれや赤みの原因になります。
貼ったままでも入浴可能ですが、こすりすぎると剥がれやすくなります。

効能としては、天然成分が離脱症状によるイライラを抑えます。
何より大きな副作用がないので、身体への負担も軽減されています。
実際、何をしても禁煙出来なかった人が、ゼロニコチンパッチで禁煙に成功しています。
ニコチン不足でイライラすることが無くなるので、長く続けていけるわけです。

禁煙アイテムにはガムタイプもありますが、ガムは常に噛んでいたくなります。
それ故コストが増す傾向にあり、ガムを噛む習慣も残りがちです。
ゼロニコチンパッチは最初の1週間はイライラすることがありますが、その期間を過ぎれば気分的に楽になります。
大事なのは徐々にタバコの本数を減らす事で、長い目で見れば確実に禁煙できるわけです。
当パッチにはニコチンは含まれておらず、たとえタバコを吸ったとしてもニコチンの副作用が発生しません。