東京オリンピック等に向けて日本でも禁煙の波が更に大きくなってきました。禁煙をしたいと思っている方はチャンピックスの使用がおすすめです。ひたすらに我慢するだけの禁煙方法とは違い、チャンピックスはニコチンの離脱症状を緩和しつつ禁煙が出来るので無理のない禁煙が出来ます。

書籍『禁煙セラピー』だけで本当に禁煙できるのか?

ヘビースモーカーの女性

今話題となっているのが、読むだけで効果があるアレン・カーが書いた「禁煙セラピー」と言う本です。
作者は会計士で1日100本のタバコを吸うヘビースモーカーだったそうです。
その成功率は90%とも言われています。
なぜそんなに効果があるのでしょうか。

禁煙セラピーは、脳科学に基づいて書かれています。
だからと言って難しい内容ということではありません。
禁煙の難しさは、どうしてやめたいと思っているのに吸い続けてしまうのか、禁煙とはどういうことかを理解していないことが原因のようです。

禁煙セラピーを通してアレン・カーは、タバコの無意味さを説明しています。
喫煙という行為はニコチンを摂取するためだけに行われているようです。
そして減煙をするだけでは意味がないことも書かれています。
しっかりとニコチンへの依存を断ち切ることが重要です。

脳科学的に考えたときには、辞める理由を明確にすること、そして実現するためにそれをしっかりと理解することが必要です。
タバコを吸うと言う行為にどれだけの意味があるのか、そのためにどれだけのお金が使われているのか、それを続けていくことが本当に大切なことかを理解して判断しなければいけません。

本当に重要なことは自分から喫煙を継続しているのだということを知ることです。
ニコチン中毒は強い中毒であるから辞められないと言うのは勘違いです。
本当に強い禁断症状があるなら就寝中でも吸いたくなるはずです。
突然起き上がって喫煙する人などいません。
起きた後に自分で吸いたいから吸っているだけです。
それに打ち勝つ意志があれば問題ありません。

この本には、タバコの無意味さが細かく説明されています。
お金を払って体に悪いことを続けている事実やそのために一生で500万円に近い出費をしていること、ストレスを癒す効果があると言うのは幻想だと言うことがわかりやすく書かれています。
全てを知ることで喫煙を続けることができる人がどれだけいるでしょうか。
それがこの本で禁煙に成功している人が多い理由です。

アマゾンのレビュー750件越え、星5つが60%以上

禁煙セラピーは、アマゾンでレビュー数が750件を越えていて、その星の数が5つである割合が60%以上となっています。
この数字が示しているものはどのようなことでしょうか。

アマゾンで商品を選ぶときに参考となるのがレビューの内容やその星の数です。
まずはどれだけ多くの人が書き込みをしているかが重要です。
購入者全てがレビューをするわけではないので、その数が多ければそれだけ多く売れていることになります。
また、レビューの多さは、商品に対してそれだけ思い入れがあることになります。
でも悪い評価ばかりでは意味がありません。
そこで重要なのが星の数です。

星は5段階からなる評価システムで数が多い方が良い印象を持っていることになります。
購入して損をしたと思えば低い評価になってしまいます。
そのような条件の中で星5つが60%以上であることは、とても良い結果と言えます。
レビューをしている人の半分以上が最高の評価をしていると言うことです。

この本のレビューで高い評価が得られると言うことは予想していたよりも簡単に禁煙が成功したと言うことです。
750件のレビューのうち60%と言えば450件になります。
それだけの人が禁煙の効果を実感できたからだと言えます。
コメントの多くは、なかなかやめられなかったのにこの本のおかげでタバコを止めることができたと言うものです。

手に取るときには半信半疑だったのが、読み進めることで本当に結果が現れたとなれば、知らない人にも紹介したくなるのは当然です。
中には「悔しいけど成功しました」と予想を裏切られたことを認めて評価している人もいます。
確実な効果を実感できていることからも有効な本であることがわかります。