東京オリンピック等に向けて日本でも禁煙の波が更に大きくなってきました。禁煙をしたいと思っている方はチャンピックスの使用がおすすめです。ひたすらに我慢するだけの禁煙方法とは違い、チャンピックスはニコチンの離脱症状を緩和しつつ禁煙が出来るので無理のない禁煙が出来ます。

ニコチンを全く使わず禁煙できる禁煙補助剤ザイバン

禁煙できるか不安な男性

タバコを常習的に吸っていた人が、喫煙の習慣をやめるためには、人によって強い意志の力を必要とする場合があります。
そのためにタバコをやめたいけれど、自分一人の力ではなかなかやめることができない人をサポートする目的で、さまざまな禁煙用の商品が販売されています。

こうした禁煙用の商品としては飲み薬やパッチ、タバコの代替物など、さまざまな種類の商品が販売されていますが、これらの商品の中にはニコチンが含まれているものもあります。
禁煙用の商品にニコチンが含まれているのは、喫煙を習慣にしている人がタバコを吸いたくなるのは、ニコチンの摂取によって体から快楽を感じさせる物質であるドーパミンが分泌されるからです。
そのために一定の時間が経って、ドーパミンが脳に吸収されつくすと、体が自然にそれを求めて、喫煙したくなってしまいます。
このような体の中での欲求が繰り返し起こるために、禁煙をするのは難しいのですが、こうしたニコチンに対する体の欲求だけを満たす働きをするのが、禁煙補助薬などに使用されているニコチンです。
体の中にニコチンを供給することで、禁煙していることによって生じる精神的なストレスを和らげることができます。

こうした禁煙グッズにはニコチンは含まれていてもその量は限られていて、なおかつタバコのように有害なタールも含まれていてないために、喫煙よりは健康に害の少ない形でニコチンを摂取して禁煙をすることができます。
けれども、体の健康を維持するためにはニコチン自体も吸収しないほうがより効果的です。
そのためにニコチンを使用しないで、なおかつ禁煙により生じるストレスも感じさせない禁煙グッズが求められるようになったのですが、そうした需要に沿う形で開発されたのがザイバンという禁煙補助薬です。
この医薬品には従来の禁煙補助薬と異なってニコチンが使用されていないために、より健康的に禁煙をすることができます。
健康を重視して禁煙をしたい世界中の多くの人から、ザイバンは強い注目を集めています。

ザイバンの効果や効能、使用方法、副作用

ザイバンはブプロピオンという主成分が配合されている禁煙補助薬です。
アメリカでは国の機関により正式に認可されているために広く服用されています。
ザイバンの主成分であるブプロピオンは、もともとうつ病の治療のために使用されていた成分です。
ブプロピオンには体内から分泌されたノルアドレナリンやドーパミンなどの神経伝達物質の再取り込みを阻害する働きがあります。
それによって体内でのドーパミンの働きを抑えることができ、それがタバコを吸いたいという欲求を減少させる効果をもたらします。

こうした働きは体内でのノルアドレナリンなどの働きと深く関係しています。
通常の場合、ノルアドレナリンやドーパミンは人間がさまざまな生命活動を行う際に自然に体内から分泌される物質であり、それによって人間は精神を安定させたり興奮状態にしたりすることができます。
喫煙をしたときも体の中からドーパミンが分泌されてこれがタバコを吸ったときに気持ちよさを感じる原因となっているのですが、脳によるドーパミンの吸収が収まると快楽を求めてまた喫煙をしたくなります。

ブプロピオンはドーパミンが脳に吸収されることを妨げることで、こうした一連のサイクルを抑制して、禁煙を手助けします。
禁煙補助薬としてザイバンを服用する場合には、飲み始めの時期は一日一錠だけに抑えて服用する必要があります。
一定の期間が経過した後は、一日二錠ずつ服用するのが正しい服用方法です。
一日二錠ずつ飲むときは、一度に二錠飲むのではなく、一錠ごとに決められた間隔を空けて服用する必要があります。
服用がこのように厳格に決められているのは、ザイバンは誤った方法で服用した場合などに、副作用が発生する可能性もあるからです。
副作用が発生した場合にはすみやかに服用をやめて、医師に相談する必要があります。